「イオンのお葬式」
コラム

お葬式の知識やマナー、宗派や喪主のこと、そして用語集など、
知っておくべき情報をお届けします。ぜひご活用ください

この記事は
「イオンのお葬式」
が書いてます

葬儀では普段耳慣れない言葉が多く、
独自の作法や意味を持つものもあります
慌てないためにも、私たち「イオンのお葬式」が
わかりやすくご紹介します

相続税・相続税相談

遺言があった場合はどうしたら

遺言があった場合はどうしたら

Q. 故人の遺言がある場合にはどうすべきですか?
A. 遺言書は、相続の指針となる重要文書と言えます。そこで、一通りの法律上の決まりごとについて予備知識をもっておいたほうがいいと思います。
まず、遺言書の種類には〔自筆遺言書〕〔公正証書遺言〕〔秘密証書遺言〕などがあり、いずれの遺言書にも次のような約束ごと定められています。

  • 2名以上の人が共同で遺言することは許されない
  • 遺言者は本人の生存中に「遺言の取消し」と「書換え」ができる
  • 最新の日付と署名のある遺言書のみが有効
  • 遺言書に遺言執行者への報酬が記載されていない場合、家庭裁判所の判断に従う
  • 遺言執行に関する諸費用、財産目録作成、遺言執行者への報酬などは相続人が負担する。

また、故人自筆の遺言書が見つかったら、葬儀・お葬式終了後、民法の規定にのっとり家庭裁判所の検認をうける必要があります。これは、遺言書の存在確認と変造・偽造防止を目的として定められた制度であり、具体的には、裁判官が相続人全員立会いのもとで遺言書を開封し、筆跡などの確認をする手続きです。公正証書以外の遺言は、基本的にはこの時点で効力を発揮し、違反者には5万円以下の過料が課せられることになります。

相続税など税に関する
お問い合わせはこちら

24時間365日いつでも受付しております

0120-635-014

0120-400-965

  • 全国対応
  • 通話料・事前相談無料
  • 携帯電話からもOK
ダウンロードor郵送対応 カンタン入力 無料資料請求 お葬式費用 5,000円(税別)引き

イオンライフ(株)と税理士法人レガシィは業務提携しております。
「イオンのお葬式」ではご利用の有無にかかわらず、相続税に関するご相談のお取次ぎから、火葬式や家族葬などのお葬式のご相談まで、疑問やご質問にお答えいたします。

ちょっとした疑問やお悩みも多数
ご相談いただいております

24時間365日いつでも受付しております

0120-635-014 0120-400-965

  • 全国対応
  • 通話料・事前相談無料
  • 携帯電話からもOK

カンタン入力 無料資料請求

お葬式費用 5,500円(税込)引き

WAONカードを
お持ちの方へ
「イオンのお葬式」ご利用でWAON POINT 5,000ポイント進呈! 「イオンのお葬式」ご利用でWAON POINT 5,000ポイント進呈!
早期申し込みが
おトク!
「そなえ割」 年会費0円・入会費0円 最大割引60,000円(税別) 「そなえ割」 年会費0円・入会費0円 最大割引60,000円(税別)