文字サイズ
  • 24時間
    365日
  • 携帯電話
    OK
  • 全国対応

0120-635-014

MENU

CLOSE

喪中はがきのマナーや書き方について解説

お葬式の知識やマナー、宗派や喪主のこと、そして用語集など、
知っておくべき情報をお届けします。ぜひご活用ください

この記事は
「イオンのお葬式」
が書いてます

葬儀では普段耳慣れない言葉が多く、
独自の作法や意味を持つものもあります
慌てないためにも、私たち「イオンのお葬式」が
わかりやすくご紹介します

お葬式用語集

喪中はがきのマナーや書き方について解説

喪中に新年を迎える場合、例年年賀状を出していた相手に前もって年賀欠礼の知らせをすること。喪中はがきを出す人は、喪家の全員と、直系二親等までの遺族。なお結婚して姓がかわった人は必要ないと思われます。また喪中のための年賀欠礼の挨拶状を出さなかった人から賀状をいただいた場合は、松の内を過ぎてから「喪中でしたので、ご挨拶を遠慮させていただきました」というはがきを出すと丁寧です。

 

よく読まれている用語

 

検索数の多い用語

 

よく読まれている葬儀のマナー

ちょっとした疑問やお悩みも多数
ご相談いただいております

早期申し込みがおトク!
「そなえ割」 年会費0円・入会費0円 最大割引60,000円(税別) 「そなえ割」 年会費0円・入会費0円 最大割引60,000円(税別)