文字サイズ
  • 24時間
    365日
  • 携帯電話
    OK
  • 全国対応

0120-635-014

MENU

CLOSE

遺言信託

遺言書の作成に関する相談・遺言書の保管・
相続発生後の遺言の執行などを
専門家がサポートします

遺言書作成の相談・保管・
相続発生後の遺言の執行など

遺言信託のご案内

ご自宅でもお伺いいたします

サービス対象エリア

首都圏・中京圏・近畿圏
(一部地域除く)

ご相談無料

【サービス提供】公益社団法人シニア総合サポートセンター
【募集代行】イオンライフ株式会社

遺言信託とは

遺産相続は、すべての相続人が納得する遺産分割を実現することは大変難しく、トラブルも多くあります。
遺産相続を「争族」にしないために、遺言書の作成に関する相談から、遺言書の保管、相続発生後の遺言の執行を、シニア総合サポートセンターがサポートいたします。

このような方に遺言書の作成を
おすすめします

  • 安心して遺言書の執行を任せたい

「相続発生後、きちんと執行を任せられるのか心配。」

  • 老後の面倒をみてくれている子どもの配分を多くしたい

「配偶者や老後の面倒をみてくれている子の配分を多くしたい。」

  • どの財産をどの相続人に相続させるか決めておきたい

「配偶者やたくさんの子供になるべく公平に財産を配分したい。」

  • 教育・福祉・芸術など世の中のためになることに寄付したい

「母校の学校や公共団体・医療法人等に寄付をしたい。」

遺言信託のメリット

遺言信託についてのよくある質問

遺言信託を利用するメリットを教えてください。
遺言により、自身の財産の受取人とその配分を指定することが出来ます。遺言信託では、作成した遺言の保管・執行までがセットになっているので、作成した遺言書の紛失・未発見・秘匿・改ざんといったリスクを回避でき、遺言の内容を確実に執行することができるというメリットがあります。
現在、本人が動けないので病院・施設で公正証書遺言の作成をお願いしたいのですが可能ですか?
可能です。但し、公証人の出張費用が別途加算されます。
作成した遺言を、後で書き直すことは出来ますか?
費用は掛かりますが書き直すことは可能です。
財産やご親族の状況等のご事情が変わった場合は、お早めに遺言を書き直すことをおすすめしています。
自筆証書遺言でも対応してもらうことはできますか?
自筆証書遺言の場合は公正証書遺言に比べて無効になるリスクが高いため、公証人という専門家のチェックが入る公正証書遺言のみのお取り扱いとなります。

公益社団法人
シニア総合サポートセンター
について

大手法律事務所が母体の法律や福祉の専門家である公益社団法人シニア総合サポートセンターが、
お客さまと生涯にわたりお付き合いができる信頼関係を構築し、安心かつ質の高いサービスを提供いたします。

公益社団法人シニア総合サポートセンター 公益社団法人シニア総合サポートセンター 公益社団法人シニア総合サポートセンター

【事業内容】
高齢者の総合支援事業

【本部】
〒105-0003 東京都港区西新橋一丁目20番3号 虎ノ門法曹ビルB1F

【代表理事】
千賀修一・谷川賢史

最高顧問 衛藤征士郎 衆議院議員(元衆議院副議長・元防衛庁長官)
最高顧問 渡辺博道 衆議院議員(元復興大臣)
理事長 千賀 修一 弁護士(弁護士法人TLEO虎ノ門法律経済事務所所長・ 日本弁護士連合会元常務理事)
副理事長 谷川 賢史 公益社団法人シニア総合サポートセンター代表理事
副理事長 香取眞惠子 社会福祉法人奉優会理事長・株式会社やさしい手取締役会長
副理事長 塩見 紀昭 公益財団法人日本賃貸住宅管理協会会長

上記の他、専務理事1名 理事3名 監事2名

遺言信託サービスの対象エリア

遺言信託を専門家がしっかりとサポートいたします。詳しくはコールセンター、またはWebからお申し込みください。

イオンライフの遺言信託

ちょっとした疑問やお悩みも多数
ご相談いただいております

24時間365日いつでも受付しております

0120-394-394 0120-394-394

  • 全国対応
  • 通話料・事前相談無料
  • 携帯電話からもOK