仏事年中行事
~お盆について~

お盆の由来と歴史

お盆は正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言い、ご先祖の精霊をお迎えして、供養する期間を言います。盂蘭盆会の始まりは、お釈迦さまの弟子の一人である目連尊者(もくれんそんじゃ)が亡き母親を救う話に由来しています。
餓鬼道に落ち逆さ吊りにされて苦しんでいた母親をどうしたら救えるか、お釈迦さまに相談したところ、「夏の修行が終わる7月15日に僧侶を招き、供物をささげて供養するとよい」と教えられました。その功徳によって母親は極楽往生をとげられたという話です。それ以来、7月15日(旧暦)はご先祖に感謝をささげ、供養を行う日となりました。
日本では推古天皇の時代(606年)にはじめてお盆の行事が行われたと伝えられており、8世紀には夏に先祖供養を行うという風習が確立されたと考えられています。

新盆とは

亡くなった方が忌明け後、初めて迎えるお盆を「新盆(初盆)」といいます。新盆は故人さまの霊が初めて家に戻ってくる日です。親族や知人友人、大勢揃って特に丁寧にお迎えしたいものです。お寺さまをお招きし読経していただき、集まったみなさまに料理を振舞う慣わしもあります。
地域によって異なりますが、提灯は絵柄のない白い提灯を使用します。これは初めて戻ってくる故人さまの霊が迷わないようにと目印として軒先などに吊り下げるもので新盆の時だけ用い、送り火で燃やしたりお寺さまに納めたりします。

新盆の準備品

地域によって異なりますが、一例として、

新盆用の白無地の提灯
新盆の年のみ使用し、翌年からは使用しません
柄入りの提灯・行灯
翌年以降も使用します
精霊棚
盆棚ともいい、四十九日まで使用した祭壇でも可
ホーロク
迎え火・送り火を焚くための素焼きの皿
おがら
迎え火・送り火の火種
盆花
金色の紙でできた花
牛馬の飾り
ナスとキュウリで作ります。藁製のもので代用しても可
盛器
お供えを盛る器、通常お使いになっている皿でも可
盆飾り イメージ1

お盆の流れ

7月(8月盆の場合)・6月(7月盆の場合)
準備
寺院への依頼
お墓、お仏壇のお掃除
自宅の準備
盆棚、仏具など、ローソク、線香などの用意。盆提灯の組み立て。
【新盆の場合】
お見舞者への返礼品の準備
新盆用提灯の準備
8月(8月盆の場合)・7月(7月盆の場合)
12日 お迎え準備
飾りつけ、お供え準備
盆飾り イメージ2
13日 迎え盆
墓参り
家族揃って墓参りに行きます。「迎えは早く、帰りは遅く」と言われています。
迎え火
盆提灯に火を灯し、家の玄関先か門口で「迎え火」をたき、ご先祖の霊をお迎えします。
14・15日 盆中日
墓参り
家族揃って墓参りに行きます。
読経
僧侶を迎えて、読経をしていただきます。
会食
一般的に宗教、宗派に関係なく、親族や故人さまと親しい人たちを招いて、会食をすることが多いようです。
※お盆中は灯明を絶やさず、三度の食事は家族と同じものを供えます
16日 送り盆
送り火
おがらや新盆の提灯を焼き送り火をたいて、ご先祖の霊をお見送りします。

※お盆の行事は地域によって様々です

お彼岸の由来や意味、豆知識などについて解説しています。

「お彼岸について」はこちら

-->

お仏壇・仏具・お墓に関する
お問い合わせ

朝9時~夜18時まで葬祭アドバイザーが受付しております

0120-262-058 0120-262-058

  • 全国対応
  • 通話料・事前相談無料
  • 携帯電話からもOK
ダウンロードor郵送対応 カンタン入力 無料資料請求 お葬式費用 5,000円引き ダウンロードor郵送対応 カンタン入力 無料資料請求 お葬式費用 5,000円引き

受付時間以外の場合は、0120-394-3940120-394-394へお電話ください。
後日、担当者よりお電話にて回答させていただきます