服装・持ち物・髪型やメイク

生前からのサポートも承ります

故人さまとの最期のお別れをする大事な儀式がお通夜・葬儀・告別式です。ご遺族はこの期間から喪に服し、会葬者は故人さまと遺族に対して礼を失しない服装と心使いが必要です。現在は、喪主や親族は略式喪服としてブラックスーツの着用が主流になっていますが、故人から三親等までの親族は正式喪服を着用するのが通例となっています。正式喪服の場合、男性の和装なら黒紋付き羽織袴、洋装ならモーニングコートが正式喪服となっています。女性なら黒無地着物、洋装なら黒を基調としたアフタヌーンドレスやワンピース、アンサンブルなどを着用します。

男性の服装

男性は、黒のフォーマルスーツで白いワイシャツを着用します。ネクタイは黒無地にし、タイピンはつけません。ベルト、靴下、靴などの小物類も黒にします。また、通夜は喪服を着用せず紺やグレーのスーツでもかまいません。

女性の服装

女性の正式喪服

女性は、黒のワンピースかスーツで肌を露出しないものが基本です。服やバッグ、靴などの素材は光沢のないものを選びます。和装の場合は、染め抜き日向紋を五つ付けた黒無地のきものを弔事の第一礼装とするのが一般的です。

喪服について詳しくはこちら

男性は、黒のフォーマルスーツに黒ネクタイ、もしくはダークスーツに黒ネクタイを着用します。女性は、黒のフォーマルスーツかワンピース、もしくは地味な色のスーツやワンピースを着用します。アクセサリーは、真珠の一連のネックレス程度にしましょう。

男性の服装

男性は、黒のフォーマルスーツに黒ネクタイ、もしくはダークスーツに黒ネクタイを着用します。また、急な場合に通夜は派手な服装は避けた地味な平服でも問題ありません。

男性の服装ポイント
ワイシャツは白色。
カフスボタンはつけないのが一般的です。
ネクタイは黒または地味な柄の目立たないもの。ネクタイピンはつけないのが通例です。
靴下、靴は黒。目立つ金具のついた靴は避けましょう。
黒、濃紺や濃いグレーのダークスーツ、無地または目立たないストライプ。

ゴールドの時計、ブレスレットなど結婚指輪以外のアクセサリーは外して、質素にしましょう。

スーツについて

スーツはシングルでもダブルでもかまいません。色は黒、グレー系のダークスーツを選びます。通夜のみでしたら黒のストライプでもかまいません。

靴下について

黒無地のものを選び、柄物は避けましょう。

ネクタイについて

色には黒で柄は無地のものを選びます。ネクタイの結び方に決まりはありませんが、ディンプルを作るのはマナー違反です。

女性の服装

女性は、黒のフォーマルスーツかワンピース、もしくは地味な色のスーツやワンピースを着用します。ストッキングも黒着用が一般的ですが、通夜時には「突然のことで、とりあえず駆けつけてきました」という意味合いをもたせるために、あえて「肌色にするほうが良い」という人もいます。また、パンツスーツなどのズボンスタイルは略式喪服としては問題がないとされています。急ではない場合は、葬儀・告別式と同様にブラック・フォーマルやワンピース、ブラウスを着用する場合には肌が透けるものやフリルのあるのもは避けるのが一般的です。

女性の服装ポイント
お化粧はナチュラルメイクで清楚にしましょう。
黒無地のブラウスは可。
ストッキング、靴は黒。目立つ金具のついた靴は避けましょう。
黒、濃紺、グレーなど地味な色のワンピースかスーツ。肌をあまり露出しないのが原則。

女性も結婚指輪以外のアクセサリーは外して質素に。真珠のネックレスも2連のものは「重ねる」に通じるので避けます。カラフルなネイルは場に合わないでしょう。

スーツについて

女性のスーツは基本的にスカートで、ミニスカートは絶対に避けましょう。ズボンは、座りにくい場所などもありますので、参列する側としては問題ありません。

夏や冬の服装

夏のお葬式の場合、女性なら無理にジャケットを羽織る必要はありませんが、ノースリーブや袖が極端に短いもの、胸元が大きくあいたものなど露出は避けるようにしましょう。冬のお葬式の場合、革や毛皮のコートは色が黒であっても「殺生」をイメージさせるため、身につけない方が良いでしょう。

中学、高校生であれば、制服が無難です。幼児はブレザーがあれば良いのですが、ない場合は、白のブラウスかシャツに紺のセーター、紺のスカートまたはズボンを着せ、白の靴下をはかせましょう。もちろん黒の服があればベストですが、派手な色の服やフリルのついた服は避け、シンプルな服装にしましょう。学校の面接や入学式のときの服装と考えれば無難です。

ページトップへ

お客さまの声はこちら

男性のバッグについて

男性は基本何も持たないが、バッグを持つ場合は喪服同様に柄のない黒色で光沢のないものを選択します。革や合皮製品でも問題ありませんが、派手な金具が目立つものは控えましょう。

女性のバッグ

女性用バッグ

ショルダーバッグなどは控え、エナメルや光沢のある素材、派手な金具が目立つものは控えましょう。殺生を連想させる製品はさけるべきですが、革や合皮製品でも問題ありません。ハンドバッグに入りきらない小物を持ち歩くなど、サブバッグが必要になる時には、光沢のない黒無地のものを選びましょう。

結婚指輪以外は外します。特にゴールドの指輪はNGです。イヤリングやピアスなどは、余計な装飾と受け取られかねないため、装着しない方が無難です。アクセサリーをつける場合は、一連の真珠(パール)のネックレスにします。

男性の靴について

エナメルや金具などの光沢のある靴は避け、光沢のない黒が基本です。ストレートチップと呼ばれる紐靴はフォーマル度が高く、間違いがありません。ローファーはカジュアルなイメージがあり、避けたほうが無難です。

女性の靴について

ミュール・サンダルなどの靴、エナメルなどの光沢のある靴は避け、色は黒を選びます。スエードの靴はカジュアルなイメージがあり、避けたほうが無難です。また、女性はパンプスの音が響かないように歩く配慮も必要です。

数珠は仏様やご先祖さまへの念仏の回数を記憶するためのものとされています。 葬儀・告別式や法要の際には参列者それぞれがお持ちになり、貸し借りはしないほうが無難です。

数珠はなぜ必要か

参列者の服装 数珠を持った手

数珠(浄土真宗では念珠)は念仏や真言、題目を数えるための仏具です。一般的には煩悩の数と同じ108の珠を繋いだ形をしています。葬儀の際には亡くられた方や、仏様に敬意を表すのに用います。数珠は宗派によって違いますが、ご自分の宗派に合わせます。また、数珠を持っていない場合でも、数珠は個人の持ち物というのが原則なので、基本的に貸し借りはしないものです。

数珠の選び方

数珠には、大きく分けて「本式数珠」と「略式の数珠」とがあります。 「本式数珠」はそれぞれの宗派の正式な数珠であり、「略式数珠」は、基本的に宗派を問わずお使いいただける数珠です。ご自身の宗派とは違う場に参席される際は、略式の数珠の方が無難でしょう。 数珠の色については、基本的に好きな色を選んで良いとされています。女性は地域によって数珠の房色が決まっている場合がありますので、地域の風習をあらかじめ調べておくと良いでしょう。また、男性は大きい珠の数珠を、女性は小さい珠の数珠を使うのが一般的です。

数珠の持ち方・使い方

数珠の正しい持ち方は、座っているときは左手首にかけ、歩くときはふさを下にして左手で持ちます。合掌の際は、ふさを真下に垂らし、親指と他の4本の指にかけて親指で軽く押さえます。指を伸ばし両手をぴったり合わせましょう。
※数珠の使い方は、宗派や数珠の種類によって異なる場合があります。

色は白・黒どちらでもかまいませんが、白か地味な色を選びます。最近では同色で刺繍された花柄デザインなども一般的になってきています。また、レースは控えめなものであれば問題ないとされています。男性は基本的に手ぶらですが、スーツのポケットに黒か白の無地ハンカチを用意しておくと、不意の際に便利です。

ページトップへ

イオンのお葬式がよくわかるカタログを無料送付

男性の髪型

耳を出した清潔感のある髪型が適しています。前髪が目にかかってしまう場合や伸ばしっぱなしの髪は、短くカットするのが理想ですが、ほどよい量のワックスなどを使って少し横に流すなどして額が見えるようにすると良いでしょう。香りの強いワックス・ジェルは厳禁です。

女性の髪型

女性のヘアメイク時に重要なのは、焼香時などで髪が邪魔にならないようヘアアレンジをしていくことです。ロングやセミロングの髪をまとめる際には、黒のヘアゴムで耳より下の位置でまとめるように注意しましょう。 シュシュやバレッタなどの髪留めを使用する際には黒色でシンプルなものを選びましょう。髪色は軽い茶色であれば参列に問題はあまりないのですが、基本的には黒く染め直すか、黒く染めるスプレー等で一時的に色を抑えるようにしましょう。

お葬式の場では、派手なメイクは禁止です。アイシャドー、チークなどはNGです。アイラインもあまり濃くせず、自然に仕上げてください。口元は唯一色を添えても良い場所ですが濃い色は避け、ナチュラルな色合いのものを選ぶようにしましょう。リップグロスなどはNGです。また、葬式は正装をする場ですので、ノーメイクでもいけません。礼儀ある品の良いメイクに仕上げましょう。

派手なネイルは落とします。簡単に落とせない派手なネイルをしている場合、黒っぽいレースの手袋などで隠すのもひとつの方法です。

ページトップへ

ページトップへ

無料資料請求

「イオンのお葬式」がよくわかるカタログを無料送付 WEB申込みで5,000円割引券を進呈!
無料資料請求はこちら

イオンライフサポートセンター

24時間 全国対応 ご質問・ご相談のみでも結構です。お気軽にお電話ください。 フリーコール 0120-24-2828(携帯からも通話無料) 電話1本ですぐにお迎えに伺います
詳細はこちら
お住まいのホールを検索する
  • 1.都道府県を
    お選びください
  • 2.市区町村を
    お選びください

イオンのお葬式テレビCM公開中

イオンのお葬式テレビCM公開中

※音が出ますのでご注意ください

  • 海洋散骨 ご家族に代わり、心を込めて散骨いたします。
  • 墓石販売 全国対応 580,000円(税別)〜
  • 墓じまい 全国対応 198,000円(税別)〜
  • 永代供養 「イオンのお葬式」ご利用・生前予約 30,000円
  • 寺院をご紹介いたします
  • お布施も含めカードでお支払いできます
  • 葬祭給付金
  • はせがわ
  • 「葬儀マナー」挨拶や流れ、服装などをご説明しています
  • イオンライフ株式会社はプライバシーマークを取得しています

このページの先頭へ

AEON

葬儀のご相談はイオンのお葬式コールセンターへ:0120-24-2828 【24時間365日受付】【無料通話】

イオンのお葬式 無料資料請求はこちら