香典・供花・供物について

香典について

昔は各自がお香を持参して仏さまにたむけていたものが、今はお香料をお香典という形で包むようになりました。お香典の金額は、血のつながりの濃いほど高額になり、親は10万円、兄弟は5万円、その他の親族は1万円位が一般的です。会社の上司や同僚、隣人・友人などは3干円〜5千円位が多いようです。また、新札の使用や、「4」や「9」、偶数の金額は避けることが一般的です。ただし、2千円、2万円は良しとされているようです。

お付き合いの程度も大事ですが、自分の気持ちを表すという考え方からすれば、お金よりいたわりの心が大切です。
香典は親しい付き合いでなければ、気持ちだけ包むようにし、場合によっては控えてもよいでしょう。
香典を出さなくても、真心でお焼香だけさせていただく場合もありますし、告別式には参加せず、出棺のときだけお見送りすることもできます。
気持ちだけの現金を包んだときは、「気持ちだけお包みしましたので、お返しはご辞退いたします」などのメモを現金と一緒に入れてはどうでしょうか。

生前からのサポートも承ります

香典の相場金額

お香典の金額は、血のつながりの濃いほど高額になります。
下記表は、あくまでも目安であり関係性によって金額はかわります。

法事の場合のお香典の金額の相場
あなたとの関係 あなたの年代とお香典の目安
20代 30代 40代以上
会社の上司 3〜5千円 3千円〜1万円 5千円〜1万円
会社の同僚や部下 3〜5千円 3千円〜1万円 5千円〜1万円
祖父・祖母 1万円 1万円〜3万円 3万円〜5万円
父・母 3万円〜10万円 5万円〜10万円 10万円〜
義父・義母 3万円〜10万円 5万円〜10万円 10万円〜
兄弟・姉妹 3万円〜5万円 5万円 5万円
叔父・叔母・
伯父・伯母
1万円〜3万円 1万円〜3万円 1万円〜5万円
その他親戚・親族 3千円〜1万円 3千円〜2万円 3千円〜3万円
友人・知人 5千円 5千円〜1万円 5千円〜1万円
友人の親 3千円〜5千円 3千円〜1万円 3千円〜1万円
恩師・先生 3千円〜5千円 3千円〜1万円 3千円〜1万円
隣人 3千円〜5千円 3千円〜1万円 3千円〜1万円

金額を書く場合

裏に金額を書き入れます。金額は漢数字を用い、「一・ニ・三」は「壱・弐・参」とします。

新札の場合

用意していたような印象を避けるため、できるだけ古いお札にしておきましょう。それでも新札しかない場合は、一度折り目を付けてから入れると良いでしょう。

イオンのお葬式がよくわかるカタログを無料送付

香典を持参するタイミングについて

初めて弔問したときに出すのが原則で、一般的には通夜に持参するのがしきたりなっていますが、通夜に弔問しない人、都合で弔問できなかった人は、葬儀、告別式のときに持参します。 臨終直後に取りあえず駆けつけた席で香典を出すのは、手回しがよすぎて喪家に不快感を与えかねません。また取り込みの最中で、香典がとりまぎれて紛失することもあり、あとで双方の行き違いで気まずい思いをすることにもなります。改めて通夜に持参するようにします。

お香典の包み方

お香典の外袋の折り方。必ず上側が下側にかぶさるゆにする。中包を下よりに置き、1〜4の順に折り、水引をかける。

中包みの表書きと裏書き

中包みの書き方

中包みの表に金額、裏に住所氏名を書いておくと、後で葬家の方がお香典の整理をし易くなります。金額は「一・ニ・三」ではなく「壱・弐・参」と書きます。

外包みの表書きと裏書き

外包みの折り方

外包みは右・左の順でをかぶせたのち、下・上の順で包み上側の折り返しを上に重ねるようにします。

お札の入れ方

「香典に入れるお札は顔がみえないように裏返して入れる。」 とお札の方向を指定する風習があります。 厳密に決まりがあるわけではないようですが、二枚以上のお札を入れる時には向きを揃えて入れるように心掛けてください。

香典袋の表書きについて

香典袋の表書き

市販の香典袋は、「御仏前」「御霊前」などの種類があります。
香典袋の表書きは、故人さまの宗旨に合ったものにします。わからないときは「御霊前」なら、どの宗旨にも用いられますので無難です。
ただし「御霊前」でも、蓮の花模様は仏式に用いるものなので、それ以外は無地を選びます。
表書きの下段中央に自分の姓名を、裏に住所氏名を下記、中袋にも同じように住所氏名を書きます。
香典袋は、金額相当のものを選ぶ配慮は必要です。
新しい札は、あらかじめ用意していたように見えるという理由で使わないとされていますが、あまり汚い紙幣ではかえって失礼になります。
新札なら一度折り目をいれてから使う配慮もしましょう。

仏式

仏式の香典袋の表書き

水引は「黒と白」「銀と白」が一般的ですが、地域によっては「黄と白」も使われます。表書きは「御霊前」が最も多く、「御香料」「御香典」もあります。ただし浄土真宗は「お仏前」と書きます。

神式

神式の香典袋の表書き

水引は銀色一色のものを使います。表書きは「御玉串料」が一般的で、「御榊料」「御神前」などもあります。

キリスト教式

キリスト教式の香典袋の表書き

一般的に水引は付けませんが、付けてもかまいません。表書きは「献花料」「御花料」などがありますが、力トリックの場合は「御ミサ料」と書きます。

お客さまの声はこちら

香典袋の名前書き

「悲しみの涙で墨も薄くなる」ということから、正式には薄墨を使い毛筆で楷書書きします。しかし、現在では濃い墨を用いることも多くなっています。名前書きはフルネームで上書きよりやや小さめに書きます。

香典袋の連名書き 1

連名で包む場合は中央に目上の方の名前を書き、その左側に目下の方の名前を書きます。夫婦連名の場合は、夫はフルネ一ムで書き、妻は名前だけ書くことが多いようです。

香典袋の連名書き 2

連名書きは3名までとし、4人以上は代表者の名前の左側に「他一同」、「他友人一同」などと書き添え、中に全員の名前を書いた紙を入れます。包みの表に「友人一同」と書いて、中に全員の名前を書いた紙を入れる方法もあります。

ふくさの包み方

お香典は「袱紗(ふくさ)」に包んで持参するのがマナーです。よくスーツのポケットからむきだしのままの香典袋を出したり、買ったときのビニ一ル袋に入れた香典袋を出すのを目にしますが、相手に差し上げるものですから、折り目や汚れのつかないように「ふくさ」に包んで持参したいものです。

ふくさ(袱紗)の包み方

ふくさが無い場含は、地味な小さ目のふろしきやハン力チなどで代用してもよいでしよう。

お香典の出し方

ふくさに包んだお香典を取り出し、たたんだふくさの上に置きます。そして、受付の人に表書きが読める向きにして差し出します。

  1. お香典の出し方 挨拶をしながら一礼する「このたびはご愁傷さまでございます」とお悔やみの挨拶をしながら、一礼する。
  2. お香典の出し方 一言添えてお香典を渡す「御霊前にお供えください」と一言添えてお香典を受付の人に渡す。
  3. お香典の出し方 記帳が済んだら一礼する記帳が済んだら再び一礼する。

御霊前に供える

御霊前に供える時は、一礼してから表書きが自分の方から読めるようにして供えます。その後にご焼香をします。

郵送する場合

事情があって通夜・葬儀ともに出席出来ない場含には、現金書留でお香典を郵送してもかまいません。ただし現金をそのまま入れるのではなく、香典袋に現金を入れてそれを現金書留の封筒に入れます。その際に、出席できない理由と故人に対するお悔やみを書いた手紙を同封します。

供花・供物について

霊前に添えられる供花、供物は生前に親しかった方や会社・団体関係から送られます。供物などは故人さまに捧げるものですから喪主も贈る側になります。生花、花輪(花環)は地方によって使用しない場合もありますので、遠方へ出す場合は葬儀を施行する葬儀社に確認してから出します。会場によって、大きさが合わずかえって迷惑をかける場合もあります。
また最近では辞退されるご遺族もいるので、その場合はご遺族の意思に沿いましょう。供物については、宗教によりしきたりが異なりますので、注意が必要です。

無料資料請求

ページトップへ

無料資料請求

「イオンのお葬式」がよくわかるカタログを無料送付 WEB申込みで5,000円割引券を進呈!
無料資料請求はこちら

イオンライフサポートセンター

24時間 全国対応 ご質問・ご相談のみでも結構です。お気軽にお電話ください。 フリーコール 0120-24-2828(携帯からも通話無料) 電話1本ですぐにお迎えに伺います
詳細はこちら
お住まいのホールを検索する
  • 1.都道府県を
    お選びください
  • 2.市区町村を
    お選びください

イオンのお葬式テレビCM公開中

イオンのお葬式テレビCM公開中

※音が出ますのでご注意ください

  • 海洋散骨 ご家族に代わり、心を込めて散骨いたします。
  • 墓石販売 全国対応 580,000円(税別)〜
  • 墓じまい 全国対応 198,000円(税別)〜
  • 永代供養 「イオンのお葬式」ご利用・生前予約 30,000円
  • 寺院をご紹介いたします
  • お布施も含めカードでお支払いできます
  • 葬祭給付金
  • はせがわ
  • 「葬儀マナー」挨拶や流れ、服装などをご説明しています
  • イオンライフ株式会社はプライバシーマークを取得しています

このページの先頭へ

AEON

葬儀のご相談はイオンのお葬式コールセンターへ:0120-24-2828 【24時間365日受付】【無料通話】

イオンのお葬式 無料資料請求はこちら